• ホーム
  • 降圧剤の種類とその効果の違い

降圧剤の種類とその効果の違い

血圧計と植木

降圧剤という血圧を下げる薬にはいろいろな種類があり作用の仕方の違いで分類されています。
これは血圧が上がる過程でどの部分を抑制するかで違いが出るのです。
一般的によく使われる降圧剤でCa拮抗剤があります。
これはカルシウムの流入を抑えることで血管にある平滑筋を緩め末梢血管の抵抗を減らします。
ACE阻害薬は強力に血圧を上げる作用のあるレニンーアンジオテンシン系を阻害して降圧系のカリクレイン・キニン・プロスタグランジン系の増強効果を持ちます。
ARBはA-II受容体に結合することで血管収縮・交感神経の亢進作用を抑えます。
降圧利尿剤は腎臓での血流量を減らすことで効果を発揮します。
β遮断薬は心臓からの拍出量を低下させ、レニン産生の抑え、中枢での交感神経を抑制する作用があります。
α遮断薬は交感神経の末端にある平滑筋α受容体を遮断します。
このように降圧剤には様々な種類があり、その人の持つ他の疾患によって選ばれます。

Ca拮抗剤では左室肥大や狭心症の人には積極的適応されますが、心不全の人には禁忌になっています。
ARBやACE阻害薬は心不全・心房細動・腎不全・糖尿病には積極的適応ですが腎動脈狭窄症には禁忌です。
降圧利尿薬は腎不全や心不全に積極的適応になり、β遮断薬は心不全・狭心症・心筋梗塞を起こした後の人には積極的適応となりますが閉塞性肺疾患や末梢動脈疾患の人には禁忌なのです。

降圧剤はこのように種類によって効果が違ってきますので、薬剤選択の際は注意が必要です。
受診する際には必ず自分の既往歴を医師に告げることが不可欠になります。
また1剤で降圧効果が不十分な場合は2剤以上の降圧剤の服用をする場合もあります。
タイプの違う2剤の降圧剤を使うことで効果を出しながら副作用を最小限に抑えるようにしているのです。