• ホーム
  • 降圧剤と併用すると危険な薬とは

降圧剤と併用すると危険な薬とは

血圧を測る医師

降圧剤は高血圧症の治療において高確率で採用される医薬品です。
高血圧症が改善されるまでは継続して服用していくことが必要になるのですが、ただ既に別の既往症を抱えていて、別の薬を飲んでいるという場合には事前にそれを医師に伝える必要があります。
これはどうしてかというと、降圧剤には併用すると危険な薬があるからなのです。
では併用すると危険な薬にはどういったものがあるのかというと、まず最初に考えておきたいのが非ステロイド性抗炎症薬です。

これは抗炎症作用や鎮痛作用、解熱作用を有する薬のうち、ステロイドを含まないものの総称です。
一般的な病院で処方される解熱剤や、整形外科で処方される鎮痛剤と言ったような物はこれに含まれますし、一般的なドラッグストアで販売されている解熱鎮痛剤もこれに分類されることがあります。
非ステロイド性抗炎症薬は服用時に血圧を高める作用があるのですが、一部の降圧剤と併用すると血圧が元よりも上昇してしまうことがあります。
それによって血圧が危険に気に達することもありますから、併用が危険な薬であるとして把握しておきましょう。

次に危険な薬として押さえておきたいのが、ヒスタミンH2受容体拮抗薬です。
これはいわゆる胃薬のような薬で、この薬と一部の降圧剤を併用すると、血圧が低くなりすぎてしまうことがあります。
これと併用して息切れの症状などがあった場合には血圧低下が疑われますから、すぐに服用を中止して様子を観察するようにし、万が一状態が回復しないようであれば即座に病院を受診するようにしてください。
これらの薬は比較的よく利用される薬ですが、病院で処方される薬の中にはこれらとは別に併用禁忌とされるような物もあります。
そのため降圧剤が処方された際には必ず自分が普段飲んでいる薬が無いかどうかを考え、もしあれば全て伝えるようにしましょう。