• ホーム
  • 種類別・降圧剤の副作用について

種類別・降圧剤の副作用について

血圧計

降圧剤は高血圧の治療に用いられる薬で、血圧を下げることに関しては優れた効き目をあらわしますが、反面、副作用が出ることもあるので注意が必要です。

降圧剤にはいくつか種類があり、種類別に違った副作用が出ます。
種類別の副作用を見ていくと、まず血管の収縮を妨げることで血圧を下げるカルシウム拮抗薬では、頭痛や動悸、むくみ、便秘、顔のほてりや歯肉増生などの症状が出ることがあります。
血圧を上げるアンギオテンシンIIが受容体と結合するのを防ぐARBは、比較的副作用は少ないですが動悸やめまいが起きることがあり、また妊娠中・授乳中の人や肝障害・腎障害の人の服用は禁止されています。
アンギオテンシンIIの生成を抑えるACE阻害薬では空咳が出ることがありますが、高齢者の場合この空咳によって誤嚥を防ぐことにもなるため、誤嚥性肺炎の予防になるとも言われています。

体内の水分を減らすことで血圧を下げる利尿薬にはいくつか種類がありますが、サイアザイド系やルーム利尿薬の場合、低カリウム血症を起こすことがあります。
低カリウム血症になると筋肉痛や筋力の低下、痙攣、めまいや立ちくらみ、息切れ、便秘などさまざまな症状が出ます。
また、血糖値が下がりにくくなったり、尿酸値が高くなることもあります。

β遮断薬は特に若い人に使われることの多い降圧剤で、交感神経を抑えることで血圧を下げる作用がありますが、息切れや気管支喘息を起こすことがあります。
また、自己判断で急にやめると狭心症を起こす恐れもあります。
α遮断薬も交感神経に作用する薬ですが、起立性低血圧による動悸やめまい、失神などの症状が出るケースがあります。
これらの薬を服用する際は医師の指導に従い、種類別の副作用についてもあらかじめよく聞いておくようにしましょう。