公開履歴
血圧計

降圧剤とは血圧降下剤ともいいます。
病的な高血圧を薬の力で下降させ、血管の破裂その他の危険を回避する目的で使われる薬です。
血圧が一時的に異常上昇したときには注射しますが、それ以外は内用することが望ましく、高血圧症の場合は規則的に服用して血圧の安定をはかります。
要するに高血圧につかう薬で、血圧を下げる薬です。

その種類と仕組みはどうなっているのでしょうか?
2015年、現在、日本には主に6種類の降圧剤があり、様々な病院で処方されています。

カルシウム拮抗薬 (アムロジピン・アダラート・ノルバスク等)
多くの高血圧の人が処方されている降圧剤です。
血管内で血管を調節する「血管平滑筋」という筋肉にカルシウムイオンが入ってくることによって、この筋肉が収縮し血圧はあがります。
そこで、この薬の役目はカルシウムイオンを入ってくるのをブロックし、「血管平滑筋」の収縮を抑えて血圧を上昇させないようにする薬です。
アムロジピンで副作用を起こすことは少ないと言われていますが、グレープフルーツと一緒に食べてはいけない薬として有名です。
その理由は、グレープフルーツはカルシウム拮抗薬の分解を遅くするため、薬が効きすぎて血圧が異常に下がってしまう危険があるためです。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)(ディオバン、ブロプレス、オルメテック等)
血圧を上げる物質である「アンジオテンシンII」という物質の作用を邪魔することで、血管収縮や体液貯留、交感神経活性亢進を抑え、血圧を下げる薬です。
ACE阻害薬(コバシル、アデカット、プレラン等)
血圧を上げる物質である「アンジオテンシンII」はそのもととなる「アンジオテンシンI」からできています。
その「アンジオテンシンI」を「アンジオテンシンII」に変換させる酵素「ACE」を邪魔して、「アンジオテンシンII」を作らせないようにして血圧を上げないようにする薬です。
利尿薬(オイテンシン、ラシックス、ダイアート等)
尿の量を多くして、一緒にナトリウム(塩に含まれる物質)排出することで、血圧を下げる薬です。
海外では昔から使われていました。
(5)β遮断薬(メインテート、アーチスト、サンドノーム等)
心臓にある「β受容体」を遮断することで心臓から送る血の量を減らし、交感神経を抑えることで血圧を下げる薬です。
α遮断薬(ミニプレス、デタントール、カルデナリン等)
心臓にあるα受容体を遮断することによって血管の収縮を抑え、血圧を下げる薬です。
記事一覧
降圧剤を服用して筋トレは急性心不全を

血圧が高く、生活を自分で変化させて値を下げようと努力はしてみたが結局おもうような結果を得られず、降圧剤を服用することになった人が、何かに出ていたか、それを読んだ...

2019年09月09日
薬に頼らないで血圧を下げる方法

血圧を下げるを最も手っ取り早い方法としては、病院で処方してもらった薬を服用することであると言えますが、持病を持っておりできるだけ服用する薬の種類を減らしたいと考...

2019年08月23日
降圧剤と併用すると危険な薬とは

降圧剤は高血圧症の治療において高確率で採用される医薬品です。高血圧症が改善されるまでは継続して服用していくことが必要になるのですが、ただ既に別の既往症を抱えてい...

2019年07月25日
種類別・降圧剤の副作用について

降圧剤は高血圧の治療に用いられる薬で、血圧を下げることに関しては優れた効き目をあらわしますが、反面、副作用が出ることもあるので注意が必要です。降圧剤にはいくつか...

2019年07月08日
降圧剤の種類とその効果の違い

降圧剤という血圧を下げる薬にはいろいろな種類があり作用の仕方の違いで分類されています。これは血圧が上がる過程でどの部分を抑制するかで違いが出るのです。一般的によ...

2019年06月25日